■ 遅刻

aquio2006-04-28


昨日は深夜の一時ころまで飲んでいた。
今日は岡山の職場に出勤しなければならない。
朝は五時半に起床。
六時半、岡山の職場に向かって出発。
西宮北インターの手前で、
財布にお金がまったく入っていないことに気付く。
あわてて近くのコンビニに出向き、ATMの前に立つ。
ATMの取り扱い開始時間は午前八時からだった。
一般国道を岡山方面に向かって走る。
姫路を過ぎた辺りで時間は八時を過ぎる。
国道沿いのコンビニに立ち寄り、お金を引き出す。
姫路バイパスから播但自動車道を経て、中国自動車道に入る。
職場には一時間ほど遅れて到着。
久しぶりの遅刻・・・。
今日は午後四時から重要な会議が市役所である。
K君を横に乗せて市役所に向かう。
私の主張を理解してくださる方は三人もいてくださった。
しかし、後の六名の方々からは理解が得られなかった・・・・。
「頭のいい人間のフリをする馬鹿」ほど手に負えないものはない。
発想の転換」とか「逆転の発想」とか、
昔に流行ったフレーズを何度もこの馬鹿たちは繰り返す・・・。
私が欲しているのは「問題を解決するための具体的な方法」なのである。
今日はその具体的な方法を探るための会議ではなかったのか。
お題目はもう聞き飽きた。
そもそも「発想」の貧困な人間に「発想の転換」など出来るはずはない。
「転換を言う前に発想してみせろ!」と何度言いかけたことか・・・。
会議に結論は出なかった。
結論の出ない会議には意味がない。
それは時間の浪費でしかない。
今日も無駄な時間を費やしてしまった・・・。
もう彼らに「解答」を求めるのは止めようと思う。