■ 山口

aquio2007-05-31

今朝は六時に起床。
七時十五分、リンさんを車に乗せて三宮に向かう。
三宮八時二十分発関西空港行きの
リムジンにリンさんをお乗せし、お別れする。
早ければ今年の十月、遅くとも来年の二月、
リンさんはまた来日される。
今度は二年から三年の滞在を予定されている。
バス・ターミナル近くのカフェでコーヒーを飲んだ後、
車を走らせて職場に帰る。
諸々の用事を済ませた後、
午後二時、山口県周南市に向けて出発。
明日は周南市立美術博物館で仕事が待ち構えている。
西宮北から徳山東インターまでの距離は約四百二十キロ。
体調がよければノンストップで走れる距離ではあるが、
まだ風邪が直っていないし、咳も止まない・・・。
約百キロ毎に休憩をとることにする。
山陽自動車道が開通してからというもの、
中国自動車道の通行量はそれまでの四十パーセントほどに激減したという。
西宮北インターから広島の辺りまで中国道を利用する。
行きかう車のなんと少ないことか・・・。
午後七時半、予約していたホテルに到着。
Oさんがお待ちかねであった。
ホテルの隣、割烹「まどんな亭」で夕食をとることにした。
怪しい名前の割烹であったが、その料理の美味さたるや・・・。
鯵の刺身は絶品であった。
オコゼの煮付けの美味いことといったら。
仲居に訊けば、
二十数年前までは「まどんな」という名のダンス・ホールであったらしい。
で、商売替えをする時、前の名前をそのまま使ったという。
「冬の河豚料理にも自信があります」、と言う。
仕事を作って、また遊びにくることにしよう。